読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アナログ金木犀

つれづれなるまままにつれづれする

Todoistが最高かもしれないという話

Todo管理アプリを今までいくつも使ってきましたが、あまり自分のニーズと合わなかったためか長く使うということがありませんでした。 長くても2週間も持たないくらいでした。そんな自分がTodoistを無料会員で使い始めてもう2ヶ月以上経とうとしています。

いろんなTodo管理アプリを使っても上手くいかなかった理由

単純なTodo管理アプリは追加/削除のみの機能を持っています。一覧表示は自分が今結局何をするべきなのか?を明確にするために重要な機能です。 しかし、これには欠点があります。例えば、〈仕事でのTodo〉と〈趣味でのTodo〉があるとします。 その状況で単純なTodo管理アプリを使おうとすると、例えば仕事をしている時、その時にはノイズでしかない趣味でのTodoが表示されてしまいます。

そのため、これをラベルやプロジェクトという概念(Todoリストそのものを複数作ることができる)を用いて解決しようとしているリッチなTodo管理アプリがいくつもあります。 しかし、これらも冒頭に述べたように実用に耐えうるものではありませんでした。

理由は様々ですが、主に二つあります。 一つは、全部入りを一覧表示ができない場合があるということです。プロジェクト別にみることも重要ですが、全部入りで一覧表示することもTodo管理には重要な機能です。 「朝起きて、今日は何をすればいいんだっけ?」ということを確認したい時は、プロジェクトそれぞれ眺めるよりは、すべてを一覧にしたもので確認できた方が一日の計画をたてるのに便利です。

もう一つは、そもそもプロジェクトごとに綺麗に分けることが困難ということです。先ほど仕事でのTodoと趣味でのTodoがある場合を例に出しました。 しかし、仕事でも複数プロジェクトを抱えている場合や、趣味が複数の趣味がある場合はどのようにプロジェクトを分ければいいのでしょうか? 粒度の一番小さいものを基準としてプロジェクトを作るという解決策が一つありますが、その解決策では気持ち良く運用できないことが殆どです。

Todoistはそれらの問題を綺麗に解決する

プロジェクトをネストで表現できる

プロジェクトをネストで表現することができます。

f:id:kgmyshin:20160502002724p:plain:h300

見ての通り上手く表現できており、どの粒度でプロジェクトを切るか悩む必要がありません。

もちろん、プロジェクト1を選択した場合は、プロジェクト1のスコープでのTodo一覧が表示され、プロジェクト1のiOSを選択した場合はこのスコープでのTodo一覧のみが表示されます。

f:id:kgmyshin:20160502002745p:plain

さらに、プロジェクトにするほどでもない場合はタスクをネストすることも可能です。

f:id:kgmyshin:20160502002801p:plain

どんなプロジェクトに入らないような些細だけどやらなければならないことなどは〈インボックス〉というものがデフォルトで用意されているのでそこに追加しておくと良いです。

〈今日〉と〈7日間〉で全部入りの一覧表示ができる

それぞれのタスクには期限を設定することができ、その期限をもとに今日中にやらなければならないもの、直近7日間でやらなければならないことを一覧表示することができます。

f:id:kgmyshin:20160502002820p:plain:h90

下記が〈今日〉を選択した場合。 f:id:kgmyshin:20160502002829p:plain

下記が〈7日間〉を選択した場合。 f:id:kgmyshin:20160502003206p:plain

自分の場合は、朝にどちらも確認し、ある程度タスクが片付いたら改めて〈7日間〉の方を確認して先に片付けることができるタスクなどに手をつけるようにしています。

他にも紹介したいTodoistの機能やtips

繰り返しという概念がある

〈毎日メールチェックする〉、〈水曜日はジムに行く〉などを追加することができます。

スケジュールの欄を選択すると〈定期的な日付、その他〉というメニューが出てくるのでそこからも登録できますが、タイトルで〈平日〉と打つと自動で繰り返しタスクと認識してくれたりします。

f:id:kgmyshin:20160502003235p:plain

ショートカットキーで追加できる

何か突発的にすることができた時などに便利です。〈今日 ○○さんに返信する〉などと打てば今日という期限付きで追加できます。

f:id:kgmyshin:20160502003244p:plain

自動でインボックスに追加されます。

(githubユーザー限定) プルリク検知で特定プロジェクトに追加

ifttt(リンク付き)というサービスをつかって、Githubにプルリクが来たら自動でTodoを追加するということができます。

f:id:kgmyshin:20160502003252p:plain

自分の場合レビューしなければならない立場なので、重宝しています。

その他にも

綺麗なデザインで操作に迷うことはありません。他のリッチなTodo管理アプリ同様マルチプラットフォームで使うことができます。 ちょっとしたところでも手が届いているなぁという感想を抱いています。例えば、TodoにURLを貼り付けると、ちゃんとリンクとして認識される(マウスオーバーしてクリックするとブラウザが開く)ところとか。 その上まだまだ他にも自分が把握していなかったり、使いこなせていない機能(生産性を測ったり、優先度をつけたり)があります。 そこまで含めて、すべて無料なのです。 機能を解放しすぎで誰もプレミアム会員にならないのでは?と心配するくらいです。

ちなみに課金すると下記の機能が使用できるようです。

  • リマインダー機能(メール、SMS、モバイル)
  • Todoにコメント
  • Todoに添付
  • ラベル機能
  • フィルター機能

現状でかなり満足しているので、課金する必要性はないのですが、最高すぎるのでもういっそ課金します。